ミニマリストを科学する。

ミニマリストさっきぃーのミニマリズム研究所

結局誘惑に負けてテクシーリュクスさんのローファーを買ってしまいましたので、早速レビューします。

皆様おはようございます。


ミニマリストのさっきぃーです。


最近PS4のDEAD BY DAYLIGHTというゲームにはまっています。


ブログ書くのが嫌になったわけではありません。


自分を甘やかしすぎて時間が足りないだけです。


もっと記事を書けとはっぱをかけていただいても構いません(笑)。


それでは本日もよろしくお願いします。

ついにテクシーのローファーに手を出してしまった。


今まではゴミ捨てとか、近所のスーパーに行くときにクロックスを履いていました。


しかし、見た目のダサさからずっと捨てたいと思っていました。


そしてついにそのときがやってまいりました。


世代交代のときです。


f:id:minimalist-sakky:20190615222051j:plain
ぱっと見は高そうに見える!


これからはこいつをサンダル替わりに気軽に使うぞ!と思っていましたが、ダメでした。


気に入ってしまって雑に扱うことができません(苦笑)。


もはや休日はこれしか履かないだろうと思うぐらい気に入っております。


では詳しく解説していきます。

ルックスは申し分なし。


いわゆるビットローファーと呼ばれる金具が付いたローファーです。


金具があるだけで見た目がゴージャスになりますね。


f:id:minimalist-sakky:20190616024350j:plain
正面から見るとこんな感じです。


正直な所、有名ブランドじゃなくても充分です。

(ビットローファー自体は元々グッチが有名ですね)


かっこよくて脱ぎ履きがしやすいならOKと、その程度で考えていましたが、届いてみたらなかなか大したモノでした。


これで8000円なら文句なしでしょう。


テクシーリュクスにはペニーローファーもありますが、カジュアルなので今回は見送りました。


フォーマルな装いには、タッセルローファーやビットローファーのほうが合います。


早速いつもの服装で合わせてみましたが、足元がスッキリしていい感じです。


これならオンでもオフでも使えそうです。

履き心地に関してはまずまず。


実は仕事でも履いてみましたが、一日履くと少し足が痛くなりました。


元々ローファー自体が足が痛くなりやすいので、そこはさすがに目をつぶります。


ジャストサイズではかないと、かかとがスカスカになるのでダメですが、その代わり足先が痛くなりやすい…。


特に小指の付け根あたりが痛くなる感じがありました。


これには理由があって、靴の幅がいつもの仕事用の靴より狭い為です。


仕事用は3Eで今回のは2Eです。


先が細いデザインだからかもしれませんし、私の足の形が特殊なのかもしれませんね。


元々ローファーはひも靴よりも足をしっかり固定できないので多少すれやすいです。


今回のはデザインと、脱ぎ履きのしやすさがメインなので構いません。


休日メインにして、あまり歩き回らないとき用に使うことにします。

まとめ。


今回も試着なし、現物を見ずに購入しましたが大正解でした。


(できれば店頭で試したいのですが、置いている店がないんですよ…。)


こうして、どんどんお気に入りのモノを増やしていくと暮らしに迷いがなくなります。


買うべきモノを買い、不要なモノを減らす。


これだけなんですが、絞り込む作業はなかなか大変だったりします。


これ以上の変更は必要がないというところまではやっていくつもりです。


では本日はこの辺にしたいと思います。


読んでいただきありがとうございます。


ミニマリストさっきぃーでした。


Twitterもやってます↓

https://twitter.com/minimalistsakky

フォローいただくと喜びます!