ミニマリストを科学する。

ミニマリストさっきぃーのミニマリズム研究所

「捨ててもいいモノ」が誰にでもすぐにわかる!論理的思考に基づいたミニマリストの捨てる技。

皆様おはようございます。


ミニマリストのさっきぃーです。


久しぶりに捨てる系の記事を

投稿したいと思います。


すごく具体的でわかりやすいので、

ぜひ参考にしてみてください。


それではよろしくお願いします。

論理的思考に基づいた捨てるべきモノの見分け方。

そのモノの価値を確認する。

まず初めにそのモノがあなたにとって

どんな価値があるか考えてください。


お気に入りのモノの特にどこが

気に入っているかということです。


機能性が良い、着心地が良いなど

項目が多ければ多いほど、

あなたにとってその商品は

価値が高いということになります。


逆に良い所があまり浮かばなければ、

より良いモノへ買い替えしましょう。


その際に、ウインドーショッピングは

余計なモノを買う恐れがあるので、

ネットでまず下調べをすることを

おすすめします。


最初にお金はかかりますが、

その投資の積み重ねが

長い目でみると節約になります。

(買い替えのサイクルが長くなるので)

気に入らない点がないか確認する。

もし気に入って買ったモノでも、

傷がついてしまったり、

汚れがついて落ちなかったりすると

テンションが下がりますよね?


少しでも嫌だなと思う部分が出たら

買い替えをおすすめします。


ちなみに購入の段階で、

商品が気に入って買いたいと思っても、

少しでも気になる点があったら、

買うのを止めるか、保留してください。


その気になった点が、

後々捨てたくなる理由になります。


欲しくても買わないのが正解です。


いくらお気に入りのモノでも、

嫌だなと感じる点があるなら、

それは無駄なモノを所有しているのと

同じことです。


捨てるか売りにいきましょう。

長く愛用できるモノか確認する。

お気に入りだけどすぐ傷んでしまう、

流行りが過ぎたらいらなくなりそう、

など、買い替えサイクルが早いモノは

あまりおすすめできません。


パンツや靴下のような、

短期で買い替えするモノはいいですが、

できるだけ長く使える流行り廃りのない

モノを買いましょう。


家電製品などは購入時の値段が高くても

優れた製品が多いので、

時には出し惜しみしないで

買うことをおすすめします。

他人から見て良いモノか確認する。

自分が気に入って買うのが基本ですが、

できれば他人から見ても良いモノを

買いましょう。


モノはあなたを表現するツールです。


初対面ではどんな服を着ているか、

どんなくつをはいているかなど、

どんな人かを判断する目安になります。


見た目で判断するのはナンセンスと

おっしゃる方もいますが、

身だしなみは非常に重要です。


ユニクロなど安い服でも、

うまくコーディネートすれば

印象良くみせることはできますので、

上手く工夫していきましょう。

リセールが良いかを確認する。

気に入って買ったモノでも、

古くなってきたり、飽きたりして

いずれは買い替えの時期がきます。


その際にサクッと捨ててもいいですが、

売りに行っていくらか戻ってくれば

嬉しいですよね?


ブランド品や人気の商品は、

リサイクルショップなどで

高く売れます。


面倒でなければメルカリや

ヤフオクなどでもっと高く

売ることもできると思います。


売るのを前提に買う必要はないですが、

気に入ったモノが人気の商品かどうか

意識して選んでみてください。

例えばこんなモノ。

最後に上げてきた例に当てはまるモノを

紹介したいと思います。


例①ロレックスの腕時計

頭に浮かんだ方も多いかと思いますが、

ロレックスの腕時計は上記の条件に

全て当てはまります。


時代を超えて愛されるデザイン、

ステータス性や時計としての価値、

リセールが非常に良いなど最適です。


人気のスポーツモデルを

正規店で買うのは難易度が高いですが、

プレミアがついているモデルは

買った時より高い金額で売れます。


新品だと手が届かない場合は

中古で探すのも良いと思います。


以上のことから、

時計を買うならロレックス1択です。


ロレックスが嫌いな場合は、

国産のSEIKOやCITIZENも

高性能、リーズナブルでおすすめです。

(特に20万円以上のモノがおすすめ)


例②ユニクロの服

リセールは全くありませんが、

安く買えてそこそこの品質の

ユニクロの服はとても優秀です。


最近はスーピマコットンや

カイハラジーンズなど、

良い素材にこだわった製品もあり、

シンプルなデザインから

非常に使い勝手が良いです。


実際にファッション系ブロガーが

ユニクロ製品をブログで取り上げたり、

ノームコアの流行から世間的にも

悪い評価は少なくなりました。


長く使えるかどうかは微妙ですが、

気兼ねなく捨てて買い替えられる

良心的な価格です。


気に入った服をリピート買いすれば、

結局同じデザインのモノを

長く使っていることになります。


最初に丁度良いサイズやデザインを

選んで、それを買い続ければ

手間がかかりません。


さらにオンラインショップで

いつでも買えるので、

近くに店舗がなくても困りません。


オンラインではサイズの確認が

簡単にできるので、

以前買った商品と数字を比べて

試着なしで買うこともできます。

(できるなら現物確認はしてください)


ただし、自分に合ったサイズの選定が

非常に重要になるのと、

高そうに見える商品は極一部なので、

買う際はしっかり吟味してください。

(基本は無地でシンプルなモノ)

まとめ。

以上のように、

条件に当てはまらないモノが

捨てる(または売る)目安になります。


「最高のモノを買って、

いまいちなモノを処分する。」


これのくり返しで断捨離は

簡単にできます。


ぜひ一度条件と照らし合わせて

やってみてください。


では本日はこれで終わりにします。


いつも読んでいただき

ありがとうございます。


ミニマリストさっきぃーでした。


Twitterもやってます↓

https://twitter.com/minimalistsakky

フォローいただけると喜びます!